医者の独り言

医療の現状を語ります

医療費負担について学ぼう

医療費負担というものは、国によってまったく違います。
そもそも医療制度というものにベストな物ということがありませんから、その国によって制度がかなり違うのです。
日本の場合は収入に応じて保険料を支払い、そして治療費の三割の負担で治療を受けることができるようになっています。
三割というのは基本的なことであり、例外はいくらでもあります。
例えば、老人は一割負担ですし、子供の治療費を無料にしている自治体はいくらでもあります。
さらに障害者にも免除があったり、生活保護の人も無料です。
このあたりは考え方によって制度が違うので、何が良いとは言えないのです。
例えば、アメリカは非常に大きな国ですが、完全に自己責任の国ですから、民間の医療保険というものが存在しないのです。
個人的に民間の保険に入ることが必須ですから、十分に注意する必要があります。
日本は国民皆保険と言ってすべての国民に健康保険の加入を義務付けています。
そして、国が基本的には七割を負担してくれます。
医療というものは昔からお金が掛かるものであり、医者に掛かるお金がなくて死ぬ、ということがよくあったのです。
ですから、国が医療費を多少なりとも負担してくれる、という考えは非常に良いことであるといえます。
しかし、国が負担してくれるのが七割であり、さらに保険料を徴収する、ということが完全に良いことなのか、というと疑問があります。
まず、医療費が完全に無料である国もあるので、一般人的にはそちらの制度を採用してもらったほうが助かるのです。
しかし、国の医療費負担が現在の状態でもかなり国庫を圧迫しているのも事実です。
現在の国の税収では賄えていないくらいですから、相当の負担になっているのです。
しかしながら、アメリカのように完全に自己責任にすると確実に医療を受けられずに死ぬ人が増えます。
国家とは生活共同体なのですから、助け合うべきである、という考えもあります。
考え方次第で良し悪しが決まるのです。

Info & Utils

Published in 土曜日, 9月 20th, 2014, at 1:00 AM, and filed under .

Do it youself: Digg it!Save on del.icio.usMake a trackback.

Comments are closed.

医者の独り言 © 2014. Theme Squared created by Rodrigo Ghedin.